スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算数を教えるってこと

08070201.jpg



昨日は 料理学校でした。

夏向けのさっぱりメニュー しかも かんたんメニューだったので 手の込んだ先週に比べると

1時間も早く帰れました!


夕飯は 簡単なものですが 朝作って 冷蔵庫へ入れていきました。

娘の食べる分のご飯も ちゃんと 茶碗にもって それは わかりやすいところに出していきました。

なのに・・・ 料理学校から 帰ると 「コンビニで買ってきた!」と 義母の部屋で 遅い夕食を

とっていた 義母と娘。。。

預けて行くんだから 多少のことは 目をつぶらないと、 とは 思っているものの

こういうのを見てしまうと このまま 料理学校に行きつづけていいものかと 少し 躊躇してしまいます。


せっかく作って行ったのに・・・


さて・・・ 話題は変わりまして。


最近 小2の娘は 学校の算数で ひっ算を習っています。

繰り上がりとか 繰り下がりとか ちょっとややこしい ひっ算。

どうも いま一つ 理解していないようで プリントを見ると 結構 間違っていたりします。

今までは 学童で宿題を終えてくるので 音読を聞くくらいしかやっていませんでしたが、

毎日 持って帰ってくる プリントに 少し不安になりました。

で、 時間の あるときに なるべく 教えようと思っています

が・・・・

算数を教えるって 難しいですね ^^;

算数・数学は好きな教科で あまり 苦労した覚えはないのですが、

わかりきっていることを 何となくしかわからない子供に 教えるのって すごく 難しいです。

あんまり イライラしながら 教えると ますます 嫌いになりそうだし、

大きい心で・・・  とは 思っていますが それも また 難しいです ^^;

ランキングに参加しています。お帰りに ポチッ とお願いします

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。